スポンサーサイト

Posted by eft17 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌 97

Posted by eft17 on 21.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    君逝きて親しき友の集いおる

                  二十五歳の誕生日会

短歌 96

Posted by eft17 on 20.2014 未分類 0 comments 0 trackback

     駅よりは何通りかの家路あり

                                   思い出多き道避けて帰りぬ

短歌 95

Posted by eft17 on 19.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    店先でつい好物をさがしおり

          君いぬ暮らし未だ慣れもせで

短歌 94

Posted by eft17 on 18.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    何もかも諦めることの悲しさよ

                                       思い出ありても吾子は戻らじ


短歌 93

Posted by eft17 on 17.2014 未分類 0 comments 0 trackback

  悲しみの心を止めて顔上げん

    シルエットにて富士迫り来る


短歌 92

Posted by eft17 on 16.2014 未分類 0 comments 0 trackback
交通事故で左薬指を骨折した友人が、その、指一本の補償や慰謝料より娘の事故(過失割合0)の金額が安くて驚いていた。
お葬式代にもならない。せいぜい花を一年間絶やさず手向けられる程度。
 

     死に損と全て諦め口つぐむ

                    命の値段かくも安きか

短歌 91

Posted by eft17 on 15.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    十年(       ととせ)()君病院と縁ありき
          元気なりしは一月(ひとつき)もなし

短歌 90

Posted by eft17 on 14.2014 未分類 0 comments 0 trackback

   「涙そうそう」歌詞に想いは重なりて

                涙ぽろぽろ最後まで歌えず

短歌 89

Posted by eft17 on 13.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    携帯の鳴らないことがその証

          君いないこと君戻らぬことの

短歌 88

Posted by eft17 on 12.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    かの人の言いし言葉に胸痛み
               我を忘れて本性(いで)しか


短歌 87

Posted by eft17 on 11.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    友と呑み 帰り道にて涙する

            お酒のせいと思いても悲し

短歌 86

Posted by eft17 on 10.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    その日より(あるじ)の居ない部屋なれば

                                     冷え冷えとして寒さ身に沁む

短歌 85

Posted by eft17 on 09.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    月命日 炎ともして見ておりぬ

                                                  花蝋燭は美しきかな

短歌 84

Posted by eft17 on 08.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    辛きこと生きてし時には多かりき

                                         今は楽かと問いかけるなり

短歌 83

Posted by eft17 on 07.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    お風呂場にピンクのタオル残しおり

             身体に巻きし姿懐かし


短歌 82

Posted by eft17 on 06.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    短歌(  うた)詠みて君を身近に感じおり

                 久方ぶりに心晴れゆく

短歌 81

Posted by eft17 on 05.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    興奮に紛れておりし悲しみは

         落ち着きて後苦しみとなりぬ


短歌 80

Posted by eft17 on 04.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    テレビでは年末紅白歌合戦

          吾子好きという歌手も歌いぬ

短歌 79

Posted by eft17 on 03.2014 未分類 0 comments 0 trackback

     食欲はビールと共に戻りおり

             一口呑みて一口食べん


短歌 78

Posted by eft17 on 02.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    歌姫が歌いし吾子のお気に入り

                                 しみじみ聴きて胸突かれおり

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。