スポンサーサイト

Posted by eft17 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌 100

Posted by eft17 on 24.2014 未分類 2 comments 0 trackback
短歌百首、何とか1周忌に間に合った。
未だに本当の意味では少しも立ち直っていないし、前も向いてはいない。
でも一応のケジメ。
二女の死で、私の断捨離に拍車がかかった。
私の死後、私の物を始末する人はいないと思っておいた方が良い。
二女の物も・・・
私が子で、亡くなったのが親なら取っておきたい物もある。
でも、私の残された時間を考えると、私の死んだ後に他の人の手によって二女の物を処分されるくらいなら、今自分の手で処分しておきたいとも思う。

色々な思いは心にしまって1周忌を迎える。
 

   辛くても吾子と過ごせし思い出は

                  力となりて我を助けん


関連記事

○ Comment

一周忌を前に早希子さんへの愛情の深さを詠まれた短歌も
もう終着駅ですね。

どの歌も母親の深い愛情が、
そして深い悲しみの心情が伝わってくる歌でした。
悲しみは時間とともに去るといいますが、
募る悲しみもありますね。

でもこんな素敵なお母様がいらっしゃるとは。
早希子さん、お幸せです。
私などとても真似できません。

早希子さんの思い出を大切に
前に進んでいただきたいと思います。



2014.05.24 14:45 | URL | 野いちご #JyN/eAqk [edit]
ありがとうございます。
やっとと言うかもうと言うか、100首詠めました。
沢山の想いや思い出がありますが、少しずつ悲しい事は忘れていきたいと思っております。
笑顔を思い出してやりたいですから。

来週は一周忌法要です。
少し気持が変わって、前向きになれたらと思います。
2014.05.25 12:28 | URL | eft #9WS3d7SY [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://teft.blog76.fc2.com/tb.php/349-9c609f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。