FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by eft17 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内転筋群損傷

Posted by eft17 on 26.2011 健康 4 comments 0 trackback
この赤いところが全て痛い内転筋1

内転筋群(恥骨筋、薄筋、長内転筋、短内転筋、大内転筋)は大腿を内転する筋肉。
お尻の筋肉ともつながり、腰と股関節、そして太股の動きを左右する筋肉群。


内転筋は大腰筋、腸骨筋、腰方形筋ともつながる筋肉で、肋骨間筋や横隔膜にもつながるので本当に大事な究極の筋肉だという。
精神力さえ牛耳る筋肉群なのだとか。
この筋肉が硬縮、炎症を起こして大腿の内部から鼠蹊部、または股関節への痛みを発症した。

大腿部には大きなパワーを生み出す大腿四頭筋や大腿二頭筋がある。
内転筋群は大腿部をコントロールして大きなパワーを有効に使うための筋肉群。
内転筋に対してウエートが乗ることも多く、故障する危険性が高い部位。
大相撲でも入門して最初にやるのが股割り(内転筋のトレーニング)怪我予防。
それだけ股関節の柔軟性は内転筋にとって重要。

左足の悪い私は膝を90度以上深く曲げられないので、生活の中、内転筋が鍛えられるような動きが少ない。
それでいて左足を庇うためにいつもいつも右足には負担がかかり、且つ、何かがあれば全ての体重を右足で受け止める。
何十年にも亘るその生活が知らず知らず右足の筋肉を疲れさせ、傷つけていた。
そんな時に悪い左足に原因不明の痛みが起き、普段以上に右足に負担(外側へ外側へと体重を掛けて内転筋を酷使)をかけたために一気に内転筋群が傷を負った。

と同時に、自分では気づかないで何か問題動作があったらしく、股関節捻挫も引き起こしていた。

以上が今回の原因らしい。
実を言うと、鍛えようとして無理をしていたことも事実。
通販のあの”レッグマジック”を持っていて、以前から使っていたのだけれど、最近は一日かなりの回数をこなしていた。
内転筋のしっかりしている人にはいいけれど、私のような者の場合、一部の内転筋にだけ負担がかかるらしい。

腰痛経験のない私だけれど、整骨院で腰を押されると確かに違和感。
そこから揉み下ろして、お尻のえくぼの様に窪んでいる あたりまで。
ここをぎゅ~~っと押されていつも泣いている(笑

仰向けになっての治療は毎回悲鳴。
整形外科の二週間が無駄だったせいで、傷ついたまま固まってしまった部位のリハビリ。
プラス私の場合、まだ傷付いたままの部位があるのでそこの傷を大きくしないようにしながらのリハビリ。

一番の問題は常に動かしていないとすぐに筋肉が固まってしまうこと。
一分間動かずにいると、みるみるうちに腿の筋肉が固まっていくのがわかる。
膝を股関節よりも高くして(膝を抱えるような格好で)いればその後の動きが楽。
この姿勢はお尻から腿につながる筋肉が伸びている状態。
いったん縮める(足を真っ直ぐに伸ばす)と、まだゴムの様な弾力のない筋肉が伸びなくなる。

関連記事

○ Comment

筋肉っていうのは、本当に重要でデリケートなんでしょうね。
精神力までつかさどるってわかる気がします。
私も、筋肉がすべておちた右足をみて愕然としましたが、
筋肉を損傷するれば、治療・リハビリが大変なのですね。
O脚の原因にもなるとか。 
やはり鍛えてないといけないのでしょうが、
正しい方法を選択して、様子をみつつでしょうか?
目に見えないので難しいですね?
1度こじれてしまうと、痛くて動けなくなる、そうなれば
たちまちのうちに筋肉は固まってしまう悪循環になるのでしょうか。
内ももの筋肉はいちばんつきにくいですね、
私も家で、また割りならぬ、その姿勢で数十秒止める運動を
日に何度かやってます、気休め程度。 
eftさんは、長年の無理もあるようですね、辛抱がいるでしょうが、
気をつけてがんばってリハビリなさってくださいね。
やっぱり筋肉! 


2011.07.27 07:57 | URL | こふで #JyN/eAqk [edit]
ジムでエアロビクスやヨガのクラスに出ると 時々内転筋などと言う言葉を
インストラクターの説明で聞きますが ↑で少し理解が深まりました。
長年のつもりつもった無理から来るトラブルは ちょっとやそっとの
リハビリではもとに戻らないのでしょうね。
私だったら 体のどこか(歯とかでもに)痛みが少しでもあったら 憂鬱憂鬱で・・・。
整骨院のいい先生にかかられているのですね。
すこしずつでも良くなって行くといいですね。
2011.07.27 08:27 | URL | アリス #JyN/eAqk [edit]
本当に筋肉って大事なのだと、今回のことでつくづく感じました。
手術をなさったこふでさんは、片足の使えない辛さをよくご存じだと思います。
筋肉って簡単に落ちますね。
右足の腿は常に左より二センチ前後太かったのですが、今では左より細くなってしまいました。
そのくせ腰からお腹辺りは庇って動かしませんから、だいぶ贅肉がついて太くなりました><;
体重は落ちたのに…。

体の一部に問題があると、やはりバランスが崩れるので注意が必要と言うことだと思います。
整骨院で見ていても、色々な問題が起こるようで、今まで無事に来たことの方が奇跡に思えます。
何とか直して当たり前の暮らしができるようになりたいと思います。

ミミ君大きくなって…
猫って登りはいいけど下りが苦手。
それは爪のはえる方向が問題のようですね「吾輩は猫である」の”吾輩”曰くです(笑
2011.07.27 10:06 | URL | お名前 #9WS3d7SY [edit]
ありがとうございます。
同時進行でリハビリも必要なので、プールの直ぐ側の整骨院を選びました。
整骨院経由でプールと言うのが日課です。

自分が痛くなって初めて”内転筋”の言葉が身にしみます。
野球選手が傷めたと聞いても関心もなかったのですが…。
たまたまジムのトレーニングをし過ぎで同じ状況になった男性がいるのですが、顔を合せては状況報告をして、それぞれ情報交換をしたり「これって完全に治る?」等の不安をぶつけ合ってます^^

うちわもアイロンプリントも以前PTAの役員をやっていた時に作りました。
その頃は自宅でパソコンという家庭は少なく、すべて業者からの仕入でした。
良い時代になりましたね。
2011.07.27 10:20 | URL | お名前 #9WS3d7SY [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://teft.blog76.fc2.com/tb.php/150-cae92d72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。