スポンサーサイト

Posted by eft17 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二月の読書と映画

Posted by eft17 on 07.2011 映画・テレビ 4 comments 0 trackback
2月、一度も映画館に行かなかった。
観たい映画はいっぱいあるのに・・・。
やらなければいけないことが多く、今時間調整がうまく行かない。
         二月の映画


ミスティック・リバー
源氏物語(薫)から最後(夢の浮橋)迄
生まれいずる悩み
カンカン虫
クララの出家
小さき者へ
母を尋ねて三千里
或阿呆の一生
私の父と母
もみの木


映画
ミスティック・リバー
ザ・ビーチ
ギャング・オブ・ニューヨーク
アナスタシア
28日後
雲の中で散歩
のだめカンタービレ最終章(後編)
ライフ・イズ・ビューティフル
ダイナトピア
ガンジー


CSの「ボストン・リーガル」でのキャンディス・バーゲンもまだまだ美しいと思うけれど、「ガンジー」でのキャンディス・バーゲンの美しいこと!
写真家でもある彼女がカメラマン役。素敵だった。
スポンサーサイト

大行進

Posted by eft17 on 16.2011 映画・テレビ 6 comments 0 trackback
先日BShiで観たドキュメンタリー「大行進」
色々考えさせられた。大行進1

中国の問題を抱えた中高生の更生学校の生活。
一人っ子政策の弊害とも言うべき、我侭いっぱいの子供たち。
問題児になり、あちこちを回って最後に親がここに入れればと連れてくる。
原則十ヶ月。生活態度に変化がなければ伸びる事もある。
毎月の費用、大卒初任給の一ヶ月分とほぼ同じ。大行進

大金持ちの子弟しかいないような場所。

掃除をさせても出来ない。大行進3

やる気のなさだけでなく、家ではメイドが全てやっていた。やり方を知らない。
全て、赤ん坊に教えるように物事の基本を教える。大行進2

先生も子供も辛いだろうと思う。

急激な発展を遂げる中国で、ほとんどの親が急に成功し、また成功するために、お金を与え、両親共に家にはほとんどいないというような暮らし。
祖父母やメイドを相手にやりたい放題、お金を使いたい放題。
誰も注意もしない中で親も教師も手の負えない子供が出来上がる。
”小皇帝”と呼ばれる我侭いっぱいの子達。

6ポケット(両祖父母、両親)で甘やかされ期待も負う。
日本と違い親と子の関係が大変。
一人の子供に6人の将来がかかってくる。
6人の生活をもみるために成功を収めるよう期待され、勉強が全て。

そんな背景と共に学校生活が映し出される。
日本とはまた違う、とても素直な子供の一面を見せる。
泣きながら、「親に甘えたい話もしたい」という子供たち。
まるで漫画の中の子供のように親の愛に飢えている。
一見贅沢に暮らしたどうしょうもない子に思えるけれど、やはり犠牲者。

子供はキチンと育てられる権利を有するのに
それはちゃんと向き合い叱られ、愛される権利でもあるのに


で、その子達の学校生活の大イベント。
一週間かけて400キロを歩くと言う大行進。
追走するトラックの中の簡易ベッド(本当の簡易)で寝る。
このイベントの後、子供たちは少しだけ変わり始める。

本と映画と

Posted by eft17 on 02.2010 映画・テレビ 0 comments 0 trackback
11月に読んだ本と観た映画。11.jpg
緑は本、赤はテレビやDVDで観た映画。

青は映画館で観たもの。
映画館で観たもの以外は本も映画も殆どが数回め。
”☆印”は初めての物。
映画館で観たい映画はまだ相当あるのだけれど…時間がない。
テレビ好きの私はCSやBSで日々観ているドラマもある。
吹き替えにしないと家事が進まない。
義母はボケ防止にわざと字幕物を、必死に字を追って観ている。

l
ある女
           破戒
               夜明け前
                          こころ
      お伽草子     野菊の墓
                      高野聖☆
シャーロックホームズ物10編

                            恩讐の彼方に
                    老妓抄☆
       芥川龍之介短編数編
新生



第9地区☆
かいじゅうたちのいるところ☆
ハート・ロッカー☆
タイヨウのうた☆
ジュリー&ジュリア
フロム・ヘル
スリーピー・ホロウ
ドクタードリトル
ヒマラヤ杉に降る雪
歩いても歩いても
クライマーズハイ
しあわせの隠れ場所 ☆
アランドロンの刑事物語
プール
めがね
タイタンズを忘れない
あなたが寝てる間に


             SP野望編
 小さな村の小さなダンサー
                   ハリーポッターと死の秘宝
             オーケストラ    
      瞳の奥の秘密
             隠された日記 ~母たち娘たち



美しい人は歳をとっても美しいと改めて感じたカトリーヌ・ドヌーブ

美の壺

Posted by eft17 on 28.2010 映画・テレビ 6 comments 0 trackback
NHK「美の壺」
先週今週と二回に亘り横浜特集。
前編の先週は関内と港に代表される建築物。
後編の今週は横浜の匠の技。

前編美のツボ
その1
・塔は元祖横浜の顔
左からキング(県庁)    ジャック(開港記念館)     クイーン(横浜税関) 
美の壺

何もないところに港や町を造った為、港に入る船からの目印が何もなかった。
そこで海から見て直ぐに横浜の港だと分かるような街づくりがなされたのだとか。

その2
・馬の背が作り出す洋館の美
美の壺1

日本人には家を建てるには不向きに思えた丘の尾根(馬の背)が、イギリス庭園などを美しくしつらえるのに向いていて、外国から来た人たちはこぞって丘の上に家を建てたらしい。

その3
・港全体が奏でる調和の美
美の壺・港

港全体がアートの様にデザインされている。
一見無造作に見える建物も、色や高さをキチンと計算して、
海や橋との調和を大切に街作りがなされている。


後編美のツボ
その1
・カンナが生む極上の曲面
カンナ
横浜家具の特徴は曲線。
その美しい曲線を作り出すために職人さんは一人で100くらいのカンナを使いこなす。
親指くらいの大きさのカンナもある。

その2
・捺染に込めた横浜ドリーム
美の壺・捺染
『横浜スカーフ』とは、世界最高水準の製版、染色、縫製の技術で作られている、横浜生まれのシルク製品。
当初は浮世絵に習って木版で絵柄を刷っていた。
横浜ドリームと言うように、捺染技術に夢を掛け、素晴らしい技術の職人が横浜に集まってきたらしい。

その3
・横浜焼きで伝えた和の誇り
横浜焼き
明治時代海外で高い評価を受けた、輸出用陶磁器『横浜焼き』をルーツとした横浜の洋食器。
"和?で鍛えた技術に裏打ちされた洋食器の数々。

元町も関内も15分もあれば行ける街。
全て知っている場所や商品だったので嬉しい反面、こんな時の”横浜”はやはり関内・山手・港と言う感じなのかと思ってしまう。
確かに港と元町が横浜の街づくりの最初の一歩だけれど…。

仲道郁代のピアノレッスン

Posted by eft17 on 01.2010 映画・テレビ 4 comments 0 trackback
今日(日が変わったので正確には昨日となる)のNHKは夕方6時45分~四時間、ショパンの特集「私のショパン」。
そうそうたるメンバーがそれぞれのショパンを奏でた。
演奏だけではないけれど、というより素人の私にはそれがかえって楽しくて、それはそれは素敵な四時間を堪能。
横山幸雄

私は幻想即興曲と英雄ポロネーズが好きだけれど国民が選ぶショパンも"英雄ポロネーズ"が一位だった。
番組の最後、一位の英雄ポロネーズを、横山幸雄が弾いた。




それとは別に同じNHKの楽しみな三ヶ月が終わった。
仲道郁代
長谷川 初範を生徒に、仲道郁代が指導するピアノレッスン。
「あなたもアーティスト  仲道郁代 のピアノ初心者にも弾けるショパン」


テクニックがないと弾きこなせないショパンのピアノ曲を、仲道郁代が思い切り簡単にアレンジ。
世界的なピアニストが、初心者でも弾けるように教える。

この三ヶ月楽しみに、家に居る時には見ていた。
本屋で立ち読みした楽譜は確かに簡単。
バイエルを途中放棄した、ど素人の私にも弾ける。



それでも最終日、発表会形式の演奏時には長谷川初範の手が、アップになると指が震えているのが分かって、見ているこちらもドキドキ。


確かに仲道の弾くものとは違う。いえ全くの別物。
はっきり言ってヘタ
でも特徴的旋律はそのままに聞こえる。”ショパンが弾ける”の思いはピアノ好きにさせる。
勿論今夜のショパンとは別物で比ぶべきも無いけど、確かにショパン。
チュートリアルの徳井さんの方が数段上手だったけど…(笑


三ヶ月を通して、こんなに優しい先生なら、そして褒め上手の先生なら、やる気も起きるし持続すると思った。
徳井さんの「別れの曲」の指導でも感じた。

いつも思うけれど、芸能人はいい。
ふつうなら絶対に会えない人や先生、芸術家に指導してもらえる。
書も絵も音楽も…



カイジ

Posted by eft17 on 18.2010 映画・テレビ 2 comments 0 trackback
カイジ3


先日、何気なくつけた地上波。
そうそうたる出演者に惹かれ,観たのはコミック原作の「カイジ」
想定外のストーリーに、バッカミタイと思いながら、芸達者の演技に惹かれて最後まで…^^;
二時間が短く感じられたと言うことは、面白かったと言うこと?


主演・藤原竜也。 その他松山ケンジ、香川照之、天海祐希等々。この三人とも好き。
好きと言いながら、写真の藤原竜也の字が違う^^;
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。