スポンサーサイト

Posted by eft17 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二年・・・

Posted by eft17 on 28.2015 未分類 4 comments 0 trackback
二年経って、でもまだまだ冷静に他の方のブログも読めないし、娘の友人たちの楽しい話にもついていけない。
映画も好きで何度も出掛けるのだけれど、以前のように集中出来ないし、本もダメ。
表面は淡々と暮らしている。
       2015-06-23 17.47.28

2015-06-22 14.02.56

二女が居なくなって、私は甘いモノが全然喉を通らなくなった。
元々好きではなかったのかもしれない。
花も百合系統以外ダメになった。

食事もコースなどとんでもなくて、高くても一品一品で頼むようになった。
遠出もしない。
それでも大分食事は慣れて、友人知人と出掛けるようになった。
昔は食べ放題の情報に心躍ったけれど、皆んな年をとって、それなりに胃も小さくなって、量より質の情報が入るようになった。

誤解なきよう書くけれど、決して少食なわけではない。
好きな物なら三人前くらい一遍に平らげてしまう^^;
でも欲しくないものが増えた。
スイーツ系は見るだけでも、匂いがしただけでもダメ。
お魚も種類によっては体調が悪くなったり蕁麻疹が出たりするようになった。
サラダもその時の体調によっては見るのも嫌ということが度々ある。
心身のバランスが崩れたままということらしい。
そして酒量が増えた。
そのせいか一人でふらっと入るお店が増えた。
でも顔を覚えられて声を掛けられるようになると嫌で、行かなくなってしまう。
で、転々と違う店に・・・つまり一人好きの勝手者。

そんな私が足繁く寄る店が港南台のスタンドバー。
ジム帰りに寄ると、若者がいっぱい。
若者は自分のことでいっぱいで、人のことを気にしない。
「おつかれ~」って挨拶の後はほっぽっておいてくれる。
値段の割に美味しい物がいっぱいある。
スタンドバーだから明朗会計だし。

でもやはりここに居る時の私も以前の私とは違う。

       二年とは世間にとりて長き時
            我にとりてはついこの間
スポンサーサイト

iPadmini買い替え

Posted by eft17 on 21.2015 未分類 4 comments 0 trackback
そごう美術館に行ったついでにたまたま立ち寄ったauショップ。
今月いっぱいならiPadが16,000円以上安くなる上に、現在使用中の物も4,600円だかで下取りをしてくれるとのこと。
2万円以上安くなるならと、早速買い求めた。 

         150521_1534~01

iPad➔新しいiPad➔iPadmini➔iPadmini3 ということで四代目のiPad。
金色の素敵な感じのものだけど、カバーを付けて使うので余り意味が無い。
アクセサリー類も貯まっていたポイントで購入できて大満足。

下取りは一先ず下取り契約の書類を作ってもらい、数日中にデータの移動を済ませ、持って行くというもの。
何故かiCloudでのデータの移動が出来ず、焦った。
パソコンとにらめっこをして、設定を変えたりセキュリティを下げたり・・・
やっとのことで古いiPadminiのデータをパソコンに入れ、やれやれと思ったら今度は新しい方と同期が出来ず泣きたい気持ち。

何度か試して、これでダメならAppleに電話をしようと決めた最後の一回でやっと同期できた。
但し、新しい方に同期され、設定された色々はすべてログインし直すことが必要。
パスワードなんて覚えていないものもあり、これにまた一苦労。

それやこれやで1日を無駄にした感じで腹が立ちそうになって気付いた。
1日頭を使って、つまり一日分はボケが先送りになったかもしれない。良かった良かった。

新しい機能、指紋認証も設定した。
他も色々設定できるのだけれど、余り使わないものは止めておいた。
説明を読み、その時に設定しても使うのは忘れた頃。
だったらその都度普通の方法で使えばいいと思う。

チューリップ

Posted by eft17 on 11.2015 未分類 5 comments 0 trackback
昨日、横浜公園で”假屋崎省吾”のチューリップを使った花の活けこみを観た。
これは先日チューリップを観に行った時に公園に貼ってあったお知らせを読んで是非行きたいと思っていたこと。
iPadを用意して、充電も完璧に…と思ったのが失敗。
充電したまま忘れていって、結局古いガラケーで写真を撮ったのがこの結果。

假屋崎省吾
自然体の普通のオジサン(?)でなかなか素敵だし、トークも面白かったのだけれど…。
スタッフに対する態度がひどく少し鼻白む。
彼が面白いことを言って、皆が笑っていても、スタッフは緊張でピリピリしている。
それに後半、宣伝が多くてガッカリ。
紅茶やら花鋏やら、自分のプロデュースした物やコラボ開発した物の売り込み。

熱狂的ファンの方々は未だ話途中で買い物するほどだけれど、私は何だか虚しく感じた。
お花が素敵だっただけに尚の事。
でも無料での開催。せめてこのくらいはやらないとダメなのでしょうね。


假屋崎省吾2

Posted by eft17 on 03.2015 未分類 4 comments 0 trackback
犬の散歩で歩いていると、思わぬ所で美しい桜に出会ったりする。
近場でこんなに素晴らしい桜が見られるとは!!と感激することもしばしば。
     2015-04-02 12.47.30

散歩の時に携帯もiPadも持たないことが多く、写真を撮る機会がない。
昨日は心してiPadを持ち、根岸森林公園へ。
少し離れたところから見るここの桜は圧巻。
川筋の桜も良いけれど、今年の私の心にはこの”こんもり”感が一番ピッタリする。

花見客の落とした食べ物の匂いがあるせいか犬達は興奮気味。
散り始めた桜の下を、私はゆったり歩きたいのに・・・。

夫退職

Posted by eft17 on 28.2015 未分類 4 comments 0 trackback
二女のことがあって、働く気を亡くした夫。
休み休み、それでも仕事が一区切り着くまではと頑張って働いていた。
一区切り付いて本当の意味で働く気をなくして、定年まで二年を残し今月いっぱいで退職。

昨夜は職場の皆さんが送別会を開いて下さって、OBまでも出席して下さったとのこと。
二女の死後、酒量が増えていた夫は昨夜は相当飲んだようで、二日酔いで今日は午後まで寝ていた。

いざ退職願を出すと、事務的なことやら何やら雑務がいっぱい。
職場で入っていた生命保険も火災保険も種々選択して今後の手続きが必要。

年金が入るまでの数年間を退職金と貯金とで暮らしていかなければいけない。
さてどうなることやら…。

インターバルをゆっくり取って、それでその後その気が起きたら、今度は体を使う仕事でもするかと言っている。
働く気がないならゆっくり休めば良い。

長女の事が少し気がかりだけど、今年はアメリカの大学院から東大へ、、客員研究員として来日(?)する。 
留学費用としてアメリカの大学院が学費は出してくれるとのこと。 
後1~2年で博士号は取れる予定で、アメリカで就職すれば初年度で1000万位になるので、心配しないで良いと言っている。 

長女への出費の事が解決すれば老後の方針も立てやすいのだけれど、現状では未だ取らぬ狸の皮算用。
夫の母の問題もあり、いっそ世帯を一つにすれば掛かりも少なくなるということで、2軒の家を売って、大きめのマンションを買うか、バリアフリーの家を探すかなんていう話も出てきた。  

一ヶ月ほどは何も考えず、何もやらずのんびりと休みましょうと言ったら、「ゆっくり悲しむ時間もなかったから、ガクンとくるかもな・・・」と夫は答えた。

書類上は31日までだけど、まずはお疲れ様。                                              

ひるおび

Posted by eft17 on 03.2014 未分類 4 comments 0 trackback
友人の誘いでTBSの「ひるおび」の観覧者となってきた。
最近はBSやCSを観ることが多くて、余り普通の番組は観ないけれど、昼間観る場合は「昼おび」の事が多い。
恵さんの機知に富んだ受け答え、きっと台本のようなものがあるのだろうと思っていたけれど、とんでもない。
ゲストのどんな言葉にも瞬時の反応。「当意即妙」の言葉がピッタリ。凄い❢の一言しかない。
弁護士八代さんは博識だし、女性陣は押しなべて細くて美しい。

収録後の雑談のようなものが面白くて、なかなか楽しい。
その時間が良くて50回以上来ているなんていう方々がいっぱいいる。
女性陣の方が反応や表情が絵になるようで、前方の席は女性。
男性は前の席が当たっても後方にされてしまう。
私は三回行ったけれど三回とも最前列。

最前列の良さは出演者と手の届く近さで話が出来ること。
と、私はテレビに映ること嫌なのだけれど・・・。
友人が「テレビに出てた!」なんて言ってくる。

収録後の楽しみは美味しい物を食べること。
ランチタイムを微妙にずれるので空いているのだけれど、お値段がランチより高くなることがちょっと悔しい。
それでも番組で出た話題で食事をしていると、ちょっとだけ賢くなったような気がして楽しく帰宅できる。
こんな、日常とは違う時間が今の私には必要な気がする。

年賀状

Posted by eft17 on 11.2014 未分類 4 comments 0 trackback
三年も続けてパスした年賀状。
今年は例年以上に心をこめて賀状を書かなければ…。  
お寺さんは「三回忌が済むまでは本当は喪中ですから仏教的には未だ賀状は出さないのですよ」
とは言うものの、世間一般には一年の後のお正月に年賀状を出すのが当たり前。
なにか良いデザインを探して早く羊の版画を彫らなければと焦る。

面倒と思いながらも、折角出すのだから簡単ではなく時間がかかっても心をこめたいといつも思うのだけれど・・・
早くから用意しながら、結局のところ”泥縄”的性格が災いして毎年ギリギリに文章を書いて投函。
基本的にゼロか百かという感覚なので、単に義理を果たそう的な思いなら出さない。
出すなら相手の方が喜んで下さる賀状を書きたいと思う。
だから結構心をこめて一枚一枚手作りし、肉筆で書く。

とは言え、今年はこれが精一杯。2014-11-10 23.48.05
やっと彫り上がったけれど、文章もアイデアも何も浮かばない。

近況

Posted by eft17 on 08.2014 未分類
物理的には二女の居ない暮らしにずいぶんと慣れた。
一見元気に暮らしている。
でも・・・・
でも、心に空いた穴は塞がることはなく、どんどん大きくなる。
「時が癒してくれる」なんて言葉は嘘。

周りの人たちは、もう一年以上経ったのだからと思うからか、簡単に色々な言葉を発し、元気を出しなさいと言う。
そんな人たちととの時間が鬱陶しくなり、ますます外に出ること、人と会うことが面倒になる。

元々が寂しがりやの対極にいるような性格。
”孤独”や”一人”をマイナス要因には捉えていない。
若い頃から食事も家族以外なら一人で食べるほうが好きで、何処にでも一人で入れる。
今はそんな性格が災い(長女の言)して、ますます孤独を愛している。

スポーツクラブも休んでばかり。
一日中何もせず(でも何かと遣ることが多い)犬猫と暮らす毎日。
誰とも話さない日が何日も続く。
でもこの状況ではまずいので筋トレと、夜中の犬の散歩(速歩みたいな)は欠かさない。

家の中で遣ることが多いのは自分でそうしている。
私のような人間の家は気を抜くと荒んでいく。
腱鞘炎になったけれど、そんな事はモノトモセズ、気が向けば家を直し庭を手入れし模様替えをしている。
大工仕事もペンキ塗りもお手のもの。
何か(やらなければいけない状況を見付け)をやっている時、心が安らぐ。

だから一見元気だけれど、壊れたままの心を深く深く胸の奥にしまっている気がする日々。

短歌 110

Posted by eft17 on 28.2014 未分類 1 comments 0 trackback
関東はお盆が7月。 お寺でのお盆法要に行った。
僧数十人がお堂にてお経を詠む壮観さ。

110・盂蘭盆会集いし僧の大音声(だいおんじょう)

お堂に響き心満ちゆく


短歌 108,109

Posted by eft17 on 16.2014 未分類 0 comments 0 trackback
1周忌を過ぎ、二女の友人たちが近況報告をしてくれる。
「結婚しました。」
「赤ん坊が生まれました。」
「新しいクルマを買いました。」
「婚約をしました。」
私の心はざわついてしまう。
いつになったら一緒に楽しんだり喜んだり出来るのか…。

108・嫉妬にも似てし心で読みおりぬ

     吾子の友らの近況報告

109・ざわつきし心鎮める術も無し

     悪気なしとは思いても尚



暑苦しい

Posted by eft17 on 13.2014 未分類 2 comments 0 trackback
長女の大学院での仲間が「世界社会学学会」参加のため来日。
娘と三人それぞれの部会に分かれて発表やら聴講やら桜木町の国際会議場で学会出席。
で、一人の男性は数ヶ月前から、お金がないから泊めてあげてと娘に言われ覚悟していた。

来日当日、娘は愚かにも日にちを間違え大切な用事が入っていた。
私に迎えに出てとのことで、英語もわからない母親が出迎え。
冷や汗モノで食事やら何やら数時間を過ごし、やっと娘が帰宅。
ホッとしてさあ寝ましょうかという夜中、娘に一本の電話。

東京横浜の手頃なホテルが学会開催中はどこも満室。
泊まる所がないから泊めて欲しいという別の男性の電話だった。
どこに居るのかと聞くと、もう根岸にいると返事があったと。
今の時代、スマホがあれば住所一つで初めての家も探して来られる便利さと恐ろしさ。
でも無事に到着でひと安心。
あたふたともう一人分のお布団等用意していると、お腹が空いたからラーメンが食べたいと言い出した。

        荷物だらけ部屋が狭く見える

ジャパニーズスタイルのカウンターの家系ラーメンをご所望。
夜中にゾロゾロ近くの家系ラーメン屋さんへ。
彼らと娘の声が大きくて、母はヒヤヒヤ。

         大きな足 靴も大きい!

かくして我が家、大きな身体の男性二人が増え、もう何やら暑苦しい。

短歌107

 道標(   みちしるべ)焚きて夕べに君を待つ

お盆初日の小さき行事


恐ろしいこと

Posted by eft17 on 02.2014 気持ち 2 comments 0 trackback
世の中の流れとは関係無いような心持ちで暮らしているこの一年の私。
でもさすがに今夜は心が痛む。
「集団的自衛権」 決まってしまった。

そもそも理想的とも言える憲法を日本に作ったアメリカが、朝鮮戦争勃発を機にアジア防衛の堤防として日本を位置づけ、自衛隊(当時は違う名前)を作らせ、安保締結もしたことから色々な問題が起きている。
安倍さんが政権をとった時からきな臭さは気になっていたけど、全く何をどう考えたら集団的自衛権が平和に結びつくのか、信じられない発想。
でもこんな簡単に長い間守られてきたものが変わるなんて恐ろしい。

これで今後こんな感じに憲法九条はなし崩しに変わっていくのか・・・
自衛隊の人たち、その家族はどんな思いでこのニュースを見聞きしているのか・・・。

短歌 106

Posted by eft17 on 04.2014 未分類 0 comments 0 trackback
            一年の実感も無き法要に

                             また新しき涙あふれけり

短歌 105

Posted by eft17 on 02.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    連名で吾子の名前のかかれおる

                                           我にと言いて贈られし花

プレゼント

短歌 104

Posted by eft17 on 31.2014 未分類 0 comments 0 trackback

   日常の思わぬ時に君浮かび

                         在りし日のこと改めて想う

 

短歌 103

Posted by eft17 on 27.2014 未分類 0 comments 0 trackback
お墓にて

   吾子好きと言いてし酒のあるを見て

            親しき人等の顔浮かびけり


      

おまけの二首

Posted by eft17 on 25.2014 未分類 0 comments 0 trackback

  春巡り君いなきこと慣れもせで

      桜の散るを一人見ており



  いつの日か慣れる日あるか君亡きを

      春巡りても君は戻らじ

短歌 100

Posted by eft17 on 24.2014 未分類 2 comments 0 trackback
短歌百首、何とか1周忌に間に合った。
未だに本当の意味では少しも立ち直っていないし、前も向いてはいない。
でも一応のケジメ。
二女の死で、私の断捨離に拍車がかかった。
私の死後、私の物を始末する人はいないと思っておいた方が良い。
二女の物も・・・
私が子で、亡くなったのが親なら取っておきたい物もある。
でも、私の残された時間を考えると、私の死んだ後に他の人の手によって二女の物を処分されるくらいなら、今自分の手で処分しておきたいとも思う。

色々な思いは心にしまって1周忌を迎える。
 

   辛くても吾子と過ごせし思い出は

                  力となりて我を助けん


短歌 99

Posted by eft17 on 23.2014 未分類 4 comments 0 trackback

   手元には何も残さず始末する

               君の思い出心にありせば

短歌 98

Posted by eft17 on 22.2014 未分類 0 comments 0 trackback

    肩を寄せあらゆる時を闘いぬ

                            あまりにも多き君との思い出


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。